古い着物の買取相場

着物の買取相場と簡単な説明です。

着物の種類 買取相場(相場価格)
作家着物

(有名作家物/人間国宝など)

3,000円

~800,000円

作家着物とは、染めと織りに関する高い技術を持った着物作家により制作された着物を表します。
有名な作家も多く、国に認定され所謂「人間国宝」と呼ばれている方もいらっしゃいます。
中でも下記に紹介する作家が手掛ける着物には非常に高い価格が付きやすいと言われています。

  • 北出 与三郎
  • 北村武資
  • 京屋林蔵
  • 久保田一竹
  • 城間栄順
  • 初代 龍村平藏
  • 辻村壽三郎
  • 中村勇二郎
  • 羽田登喜男
  • 松井青々
  • 由水十久
  • 六谷梅軒
  • 和田光正
  • 森口華弘
  • etc…
留袖

(色留袖/黒留袖)

2,000円

~200,000円

留袖は大きく分けて二つの種類に分けられ、それぞれ「黒留袖」と「色留袖」という名称の着物に分類されます。

黒留袖は既婚女性の礼装として最も格の高い着物
色留袖は黒留袖に次ぎ格式の高い着物

留袖は着物買取において比較的値段面で高値が期待できる種類といえます。

もし自宅に留袖が眠っているならば、価値を知るという点でも査定に出してみてはいかがでしょうか。

振袖 2,000円

~500,000円

振袖とはその名の通り、振ることができるぐらい長い袖をもつ着物で、未婚女性(独身女性)向けの着物の中で最も格式の高いものです。

振袖にはその袖の長さ(袖丈)によって「大振袖」「中振袖」「小振袖」の3種類があり、一般的には袖が長いほど高額とされています。

各種類の買取相場です。

  • 振袖/中振袖/大振袖 1,000円~50,000円
  • 振袖(作家) 3,000円~500,000円
  • 振袖(人間国宝作家) 5,000円~500,000円

※ただし、ダメージが見受けられた場合には、通常査定額より下回る可能性があります。

友禅

(京友禅/加賀友禅/東京友禅/十日町友禅など)

3,000円

~500,000円

友禅とは、着物の種類ではなく、扇絵師「宮崎友禅斎」の名から由来する「友禅染め」という染め技法の名前のことを指しております。

友禅染めには複数の種類があり、手描きを主とする「本友禅」、型紙を使用した「型友禅」、小麦粉を利用した糊を使用する「玉糊友禅」など、他にもいくつか種類が存在します。

有名な友禅としては

  • 貴族の華やかさや雅さを表現している京友禅
  • 武家社会が持っている質実さを取り入れた加賀友禅
  • 武家文化や町人文化の影響が大きい東京友禅
  • 昭和に花開いた大衆向けの十日町友禅

などがあります。

訪問着 2,000円

~500,000円

訪問着とは、若い方でもお年寄りでも着ることができ、結納や披露宴をはじめ、パーティーやお宮参りなど様々なシーンで着ることができる着物です。

訪問着の絵柄は「えばもよう」と呼ばれ、着物に仕立てたときに一枚の絵になるように考えられて作られた絵柄となっております。

柄行は、古典的な柄から現代的な模様や、華やかな模様など様々あり、幅広い年齢層の方が様々な場面に合わせられることから、需要も高い傾向にあります。

付け下げ 2,000円

~200,000円

付け下げは、様々ある着物の種類の中でも比較的着られる機会が多く、訪問着を簡略化したものと考えて良いでしょう。

訪問着が“正装”という位置づけであれば、付け下げは“準正装”に近い意味合いを持ちます。

改まった場から少しカジュアルな場まで、幅広い用途で着ることができます。

着物をお持ちの方であれば、比較的多くの方が付け下げをお持ちになっていると考えられることから、需要も高い傾向にあるといえます。

(大島紬/結城紬/黄八丈紬/塩沢紬/牛首紬など)

1,000円

~500,000円

紬は、紬糸(つむぎいと)と呼ばれる糸で織られている着物です。

訪問着などの正装で着用される着物と異なり、普段着や部屋着として使用されていた背景があることから、日本各地に存在しており、その産地ごとの特色がでていて、それぞれに独特な温かみや風合いがあります。

おもに有名な紬としては

  • 重要無形文化財に指定されている久米島袖
  • 紬の中で最もポピュラーな紬 大島紬
  • 釘を抜ける程丈夫なつくりの牛首紬
  • 伝統的な技法がユネスコ登録された結城袖
  • 生産数が非常に少ないため幻の紬と呼ばれる塩沢袖

などがあります。

小紋 1,000円

~20,0000円

小紋とは、振袖や訪問着等とは異なり、柄が生地の上下に関係なく細やかな模様が散りばめられている着物のことをいいます。

型染めと呼ばれる技法を用いて作られるのが特徴ですが、全国には様々な方法で独自の発展を遂げた小紋が多数存在しています。

主なものとして

  • 非常に細かい柄や模様が特徴の江戸小紋
  • 既存の技術に独自性を合わせた加賀小紋
  • 京友禅の派手な柄行と型染めを融合させた京小紋

などがあります。

色無地 1,000円

~50,000円

色無地とは、黒を除く単色で染められた、模様の無い和服のことです。

色無地の中にも「袷(あわせ)」「単衣(ひとえ)」「絽(ろ)」と種類があり、これらは季節によって着用する時期が異なります。

袷は秋から春にかけて、単衣は初夏と初秋の時期、絽は真夏に着用するのが通常でしたが、現代では空調が整備されていますので、季節に限らず、その場に合わせて着用する傾向にあります。

参考サイト:満足価格!着物の買取【バイセル】

 

帯の買取相場

帯の買取相場と簡単な説明です。

帯・和装小物の種類 買取相場(相場価格)
名古屋帯 500円

~300,000円

名古屋帯は、袋帯を少しカジュアルにしたもので、袋帯に比べて軽めにできており、正装には向きませんが、準礼装で着用することもできますし、普段着用としても着用できるなど、気軽に用いることが可能なため、愛用者もたいへん多い帯です。

また、名古屋帯には着物と同様に染め帯と織り帯があるため、着用する着物に合わせて締めることができることから、新品・中古を問わずに需要が高く、名古屋帯の買取は盛んに行われています。

袋帯 500円

~300,000円

袋帯は、元々は江戸時代に使用されていた丸帯から派生して、昭和の戦時以降から使われるようになった帯です。

表裏とも柄の入ったとても格の高い丸帯から締めやすく改良されて、振袖や留袖、訪問着などをはじめ、様々な着物に合わせることのできる高級な帯です。
帯としての格も、丸帯に次いで格の高い帯とされています。

丸帯 1,000円

~100,000円

丸帯は帯の中でもとりわけ長い歴史があり、昔は主に礼装用として用いられていました。
しかし、昭和に入ると、袋帯が出始め、徐々に袋帯が礼装に用いられるようになりました。いまではアンティークとしての扱いもある丸帯ですが、着物買取でも良い状態の丸帯はなかなか出てくることはなく、使用される場面も少ないことから、たいへん希少な帯といえます。
半幅帯 500円

~150,000円

半幅帯とは、一般的な帯の約半分の幅(約15cm)の帯で、長さは帯の柄により様々あります。

半幅帯は礼装用というよりはカジュアル向きといった性質があり、他の帯に比べて目立たない存在かもしれません。

その反面高い汎用性が特徴で、浴衣などカジュアルな場での着用が多いのですが、着物の買取においてはもちろん買取対象となっております。

和装小物 100円

~50,000円

和装小物とは、草履や足袋や帯締め、バッグなど、着物を着用する際に欠かせない小物のことを指します。

一口に「和装小物」と表現していますが、その種類は多岐に渡ります。

帯締め・帯揚げ・帯留め・腰紐といった紐類から、バッグ類・足袋や草履・扇子・かんざし(簪)・風呂敷まで実に様々なアイテムがあります。

参考サイト:満足価格!着物の買取【バイセル】