成人式の時に来た振袖…

もし今売ったらいくらになるか考えたことありませんか?

 

そこで振袖の買取相場はどうなっているのか調べてみました。

 

振袖の買取相場

振袖の買取相場は次の通りです。

商品名 買取相場
小振袖/中振袖/大振袖 1,000円

~50,000円

袖に、腕が入る方向に対して垂直方向の長さが袖丈で、振袖はその袖丈の長さにより

  • 「小振袖」(袖丈85cm前後)
  • 「中振袖」(袖丈100cm前後)
  • 「大振袖(本振袖)」(袖丈114cm前後)

に分類されています。

また、振袖の中には稀に柄のついた物も存在し、そういった振袖は

  • 「振付御振袖」「振口(布)付振袖」

といい、より高級とされております。

成人式や結婚式の披露宴と言った、慶事(結婚式/成人式/卒業式)に着用される機会が多いものです。

振袖(作家) 3,000円

~500,000円

作家物の振袖となると高値の傾向はさらに高いといえます。

主な有名作家

  • 和田光正
  • 辻村寿三郎
  • 大彦
  • 大羊居
  • 千總
  • 加賀友禅作家
  • 松井青々
  • 山岡古都
  • 栗山吉三郎
  • 皆川月華
  • 久保田一竹
  • 吉野一廉
  • 草野一騎
  • 齋藤三才
  • 斎藤上太郎
  • など
振袖(人間国宝作家) 5,000円

~500,000円

人間国宝の振袖となると高値の傾向はことさらに高いといえます。

主な人間国宝

  • 山田貢
  • 田島比呂子
  • 森口華弘
  • 田畑喜八
  • 木村雨山
  • 羽田登喜男
  • 二塚長生
  • 上野為二
  • 中村勝馬
  • 芹沢銈介
  • 玉那覇有公
  • 鈴田滋人
  • 福田喜
  • など

 

参考サイト:満足価格!着物の買取【バイセル】

 

振袖の買取相場 評価の傾向

振袖はリサイクルに出すと他の着物よりも評価されやすい傾向にあります。

 

その理由ですが…

振袖は多くの着数をお持ちにならない傾向があることや1着あたりの仕立てにかかる金額がとても高く、さらに稀少性があることから中古品であっても買取相場が高くなるのです。

 

そういった点から、振袖の買取価格は一概に出しづらいというのが実情ですので、査定に出してみる価値は十分あるでしょう。

 

そして、査定の際に証紙があれば状況が変わる可能性があります。

 

証紙は振袖の価値の記された大切な証明書となり、証紙のあるなしで買取相場も変わります。

 

査定に出す際の注意点

注意点ですが、高価で買い取ってもらうには、振袖そのもののダメージが少ないことが前提となります。

振袖の状態には注意が必要です。

 

振袖の多くは箪笥に仕舞ったままになっていたことが多く、手入れがなされていないなど保管状態次第では湿気でシミやカビなどダメージが付く場合もあります。

 

ダメージが見受けられた場合には、査定額も通常より下回る可能性があります。

 

高価買取が期待できる場合は、事前にチェックしていただいて、専門のクリーニング業者にシミ抜きやカビ取りをしていただいた方が良いでしょう。

 

参考サイト:満足価格!着物の買取【バイセル】

 

 

⇒着物の買取相場をもっと詳しく知りたい方はコチラ