着物を買取査定してもらっていて

「安いよぉ」

と思った方は、実際かなり多い様です。

実際安くなってしまう理由は

・古着とカテゴリーが一緒だから

・ニーズが低い

・買取後のクリーニング代や維持費が高い

事があげられます。

 

ただ、どうせなら

少しでも高価高額で買取してもらいたいですよね!!

 

そこで、着物査定で少しでも高価高額で買取してもらう方法

を調べました。

着物査定で少しでも高価高額で買取してもらう方法

①着物の査定前に一回出して自分で確認する

着物を査定してもらう場合、シミやシワがあると、マイナスポイントになってしまいます。

まずは、保管や定期的なお手入れは万全にしていなければなりません。

  • きちんとたたんでしまう
  • 刺繍は箔のあるものはその部分に白い布や和紙を当て、変色や箔落ちを防ぐ
  • 湿気を避ける
  • 桐の箪笥や衣装箱に収納

この他にもいろいろ注意点はありますが…

 

お手入れがなされていたうえで、買取査定依頼前には一回出して、シミやシワがあるか確認しましょう。

シワに関しては、少しの間、干しておくことで緩和するものもあります。

※自分でアイロンをかけるのは危険です。生地を傷める可能性があります。

シミやシワがひどい場合は、専門のクリーニング業者に出して、きれいにしてもらってから査定してもらった方が高値が付くかもしれません。

 

②買取査定は専門の業者に依頼する

着物のチェックが終わったら、実際の買取査定の依頼です。

 

着物は、近所のリサイクルショップでも買取してもらえます。

しかし、

リサイクルショップでは、もし、あなたの着物に価値があったとしても

見逃されてします可能性があります。

実際

「ショップのアルバイト店員に査定してもらった」

なんて例も存在しますので…

 

なので、着物の買取査定は、専門の着物買取業者に依頼することを

強くおすすめ致します。

専門の着物買取業者には、専門の査定員がおり、正確な

査定をしてもらえます。

もしかすると

あなたの着物の隠れた価値を評価してくれるかもしれません。

 

結果、驚くほどの高値で着物を買取してもらえる可能性があります。